関連史跡のご案内

観自在王院跡

 国の特別史跡に指定されている観自在王院跡は、二代基衡の妻室が建立したと言われます。観自在王院は阿弥陀堂のことで、大阿弥陀堂と小阿弥陀堂がありました。大阿弥陀堂には阿弥陀如来、観音、勢至菩薩の三尊を安置し、堂内の四壁には洛陽の名所地を描き、仏壇は銀、高欄は磨金で出来ていたと言います。いかにも女性の持仏堂らしい華麗な造りであったことがうかがわれます。発掘調査によると、観自在王院跡の全容は四囲東西約120メートル、南北約240メートルで南北に長い長方形。南門を入って北には今も残る「舞鶴が池」。池は東西、南北ともに約九十メートルでほぼ正方形です。池の中央南寄りには中島があり、池西岸に荒磯風の石組。その北側には巨大な川石の石組があり、ここから滝のように水が流れていました。このように舞鶴が池は平安時代の『作庭記』の作法通りに作られていたと言われています。規模こそ小さいながらも、平安時代第1級の浄土庭園であったことがしのばれます。
 観自在王院は天正元年(1573)の兵火で焼亡。現在の建物は享保年間に大阿弥陀堂跡に再建されたものです。舞鶴が池を中心とした浄土庭園の遺構はほぼ完全な形で保存され、今は史跡公園として整備されています。

無量光院跡

 三代秀衡造営の無量光院は『吾妻鏡』によると新御堂(にいみどう)と号しました。新御堂とは毛越寺に対する新院の意味で、毛越寺の付属寺院でした。堂内四壁の扉には観経の大意を描き、秀衡みずから描いた狩猟の様子が図絵してありました。本尊は丈六の阿弥陀仏で三重の宝塔があり、院内の荘厳や建物の向き、地形までもことごとく宇治平等院を模したと言われます。中堂前に磚(せん)瓦を敷き詰めていることと池に中島があることが、平等院に見られないことです。発掘調査によると、四囲は東西約240メートル、南北約270メートル、面積約6.5ヘクタールで、毛越寺より一回り大きかったことがわかりました。平泉の猫間が淵を宇治川に、束稲山を宇治の朝日山に見立てて借景としており、庭園は毛越寺や観自在王院と同巧で、典型的な浄土庭園でした。金鶏山を背景としたこの庭園は、華麗な東向きの寺院と相まってまことに美しかったであろうと想像されます。

高館義経堂

 高館(たかだて)は中尊寺の東方にある丘陵で、眼下に北上川が流れ、遠く束稲山の連山が望まれます。
 三代秀衡の庇護を受けた義経は、この高館の居館に住まいしていたが、頼朝の圧迫に耐えかねた泰衡の急襲にあって、この地で自刃したと伝えられています。
 その後、丘の頂きに仙台藩主第四代伊達綱村公が義経公を偲んで立てた義経堂を建立し、堂内には義経の像が祀られています。