高館 義経堂
トップページへ戻る
義経堂とは 義経堂公像 源義経主従供養塔 芭蕉と奥の細道 交通・拝観
源義経主従供養塔
それぞれの生涯に思いを馳せ、歴史ロマンを彷彿する
宝篋印塔(ほうきょういんとう)

 昭和61年、義経公主従最期の地であるこの高館に、藤原秀衡公、源義経公、武蔵坊弁慶八百年の御遠忌を期して、供養のために塔を造立しました。祖父、父の志を継ぎ、奥州藤原文化を築き上げた秀衡公、運命に翻弄され、この平泉で31歳という短い人生を終えた義経公、そして、義経公を信じ戦い抜いた弁慶。それぞれの生涯に思いを馳せ、心からの供養を行うのに、この高館はふさわしい場所だと思われます。

Copyright (C) 2006 Gikeido All Right Rrserved. 当ウェブサイト内の記事・写真の無断転用を固く禁じます。